回収品一覧

お送りいただきたい衣類など

衣類は国内もしくはパキスタンで、「着るもの」として販売しますので、日本のフリーマーケットで売られている程度のものをお願いします。中古品を送る場合、必ず洗濯をお願いします。もちろん新品大歓迎です。

お問い合わせが多い質問(Q&A)は⇒コチラ

                                  クリックするとpdfでご覧いただけます。 ファイバーリサイクルの受付品目

罫線1

★お問い合わせが多い質問をご紹介します(Q&A)

Q.中古品とはどの程度まで良いですか?

A.再度商品として販売されますので、シミ・汚れのないフリーマーケットでも販売できる衣類の提供をお願いします。衣類は必ず洗濯・クリーニングを済ませポケットの中をチェックしてください。バッグ・靴は汚れを落としたものをお送りください。

------------------------------------------------------------------------------


Q.男性スーツはネーム入りでも回収できますか?

A.スーツはネーム入りでも大丈夫です。ただし、ジャンパーに会社名やネーム刺繍があるものは回収していません。

------------------------------------------------------------------------------


Q.靴やバッグは中古でもいいですか?

A.靴やバッグは中古でも大丈夫です。しかし、生地が劣化していたりカビが生えているものはパキスタンでも利用できません。

------------------------------------------------------------------------------


Q.ブラジャー、ガードル、ボディスーツは中古でもいいの?

A.パキスタンでは、ブラジャー、ガードル、ボディスーツは中古でも需要があります。特に日本製は縫製もよく、人気があります。

------------------------------------------------------------------------------


Q.受付品目以外のものは送れないのですか?ぬいぐるみや文具、おもちゃなどパキスタンの子どもたちが喜んでくれそうな物を送りたいのですが。

A.パキスタンに送るものは全て販売して、その収益を学校の運営費にするという事業です。目的に沿った活用をするために必ず上記の受付品目を守ってお送りください。受付品目以外のものは、手間と経費をかけ処分する事になります。

------------------------------------------------------------------------------


Q.季節外の衣類も送れますか?

A.ファイバーリサイクルセンターでは、1年中、季節を問わず受け付けています。各ゆう*あいショップは店舗スペースの都合で季節などを限定している場合もあります。詳しくは、各ゆう*あいショップにお問い合せください。

------------------------------------------------------------------------------


Q.衣類は送りたいけど、荷物の中身は知られたくないのですが。

A.ファイバーリサイクルセンターでは、届いたらすぐに送り状をはがします。その後、届いた荷物をまとめて仕分けるので、送り主は特定できません。尚、住所ラベル、持ち込み時等にご記入いただいた個人情報は厳重に管理しています。

------------------------------------------------------------------------------


Q.宅配便で送る際の梱包が難しいのですが。

A.規定内(タテ+ヨコ+高さの合計が160cm以内、重さ25kg以内)で運送中に破れないようにしてあれば、どのような形で送っていただいても大丈夫です。

例1)ご寄付いただける大きなバッグ(スーツケース、ボストンバッグなど)や布団圧縮袋に入れる。
例2)荷物を数個の紙袋やビニール袋などに分けて作り、大きな袋などにまとめて入れてひもをしっかりとかける。

※保管中に荷崩れを起こして危険ですのでダンボールの使用はご遠慮ください

※「ゆう*あい」各店とキープ&ショップの一部でも衣類の持ち込みを受付けています。梱包せず、紙袋などに入れて持ち込みください。スペースの関係上、持ち込みに制限がある場合もあります。詳細は「ゆう*あい」にお問い合わせください。

  
前のページに戻る
ページのトップへ
  古着の送り方回収品一覧

古着市のお知らせ

取り組みの意義と流れ

今、ファイバーリサイクルは

スタッフブログ

JFSAホームページ